お知らせ

日医総研「欧州医療調査報告会」の開催のお知らせ
※2/13(火)報告会資料およびアーカイブ配信(動画)を掲載しました

この度、下記の日時において標記報告会を開催致します。当報告会は2023 年5月から6月にかけてイギリス、ドイツ、フランスに調査団を派遣し、現地のコロナ対応とかかりつけ医機能のあり方について実態調査を行いました。調査結果の内容について、日本医師会内だけではなく広く地域医師会ならびに医師会員、さらには国民に広く、この報告内容について情報共有をし、これからのかかりつけ医機能及び将来の感染症危機対応の一助になることを期待し、下記の内容で報告会を実施いたします。当報告会では、調査結果をふまえ、有識者を招き、講演、ディスカッションを通じて知見を深め、多くの方々へ情報発信を行いたいと考えています。参加ご希望の際は、下記のURLまたはQRコードにより、参加申し込みを行ってください。

 

1.日  時 :令和6年2月8日(木) 14:00~17:00

2.場  所 :日本医師会館大講堂 WEB配信

3.受講形式 :オンライン配信(ZOOMによるライブ配信)    

4.参加対象者:医師会員および当報告会に関心のある方(医療関係者以外の方も参加可能)

5.費 用  :無料

6.申し込み期間:申し込みの受付を終了いたしました。

        ※2/13アーカイブ配信をしました 

 

7.参加方法: (1)下記URLにアクセスまたはQRコードを読み取り、入力フォームの各項目にご入力ください。入力完了後に申込完了メールが自動配信されます。

                             (2)入力フォームよりお申込いただきましたら開催前日2月7日(水)正午までにお申込み時にご登録いただいたメールアドレスへZoomの視聴用URLをお送り致します。

 

  WEBによる入力フォームでの申し込み

     入力フォームのURL  https://business.form-mailer.jp/lp/7aea71cb220916

     入力フォームのQRコード  

                   

 

当日の報告会プログラム 

      報告会プログラムPDF(1/31 講演【報告】)テーマを一部修正)

 

当日の報告会資料(PDF版資料 2/13掲載

      (1)「欧州医療調査の概要報告」森井大一
      (2)「独仏のかかりつけ医(家庭医)について」松田晋哉
      (3)「コロナ禍における医療の逼迫~日本の医療提供体制形成の歴史的経緯~」香取照幸
      (4)「我が国に今後求められるかかりつけ医機能」武田俊彦

   

当日の報告会動画(下記の動画で視聴できます)