日医総研
日医総研 日医総研ワーキングペーパー
No. 394
平成 29 年 有床診療所の現状調査
江口成美
概要

平成29年 有床診療所の現状調査

地域包括ケアシステムの構築が全国で進められる中、有床診療所には住民の身近なかかりつけ医として入院医療を担う役割が期待されている。しかしながら、無床化や休床により施設数、稼働病床数の減少が続いている。そこで、全国有床診療所連絡協議会会員の協力を得て本年8月に改めて調査(経営、財務、入院患者、入院患者満足度)を実施した。経営悪化、看護職員確保難、医師の勤務負担など多くの課題を抱えており、今後の対策が必要とされている。

平成29年11月22日 図4-3を修正しました。

ダウンロード (約2610KB)
閉じる